上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 皆さんこんばんはー!お元気ですか?

私は今日は柄にもなく、ほんのりと色づきはじめた柿を眺めながら、しみじみと秋を感じておりました。

 さて、今日は私の愛娘のアレルギーのお話を少しさせていただきたいと思います。

私の愛娘は生後3ヶ月頃に何やら湿疹のようなものが出始め、3日もしない内に絹のような滑らかだったほっぺが、みるみる間に真っ赤になりそれはもう見苦しいものでした。

その時は、まさかもうアトピーが出始めたの?とびっくりしたのですが、病院で診察してもらうと、乳児脂漏性湿疹と言われました。子育ての経験がある方はもちろんご存じだと思いますが、生後2週間から1歳くらいまでの間に起こる湿疹で、多くの赤ちゃんが経験する皮膚の病気です。

私は初めての子供だったこともあり、それに加え、私達夫婦がアレルギー体質(主人は3歳の頃からひどいアトピッ子。私は症状は軽かったものの、高校生頃まで部分的に、特に目にアトピーが出ていました。現在も軽いアトピー症状がでたり、皮膚ではなく喉のアレルギーがあり、これには毎日苦しめられています。)であるのでとても心配しましたが、乳児脂漏性湿疹は一月程で綺麗になりました。

参考)乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹は乳児湿疹やアトピーと区別がしにくいもので、子供さんによっては、症状がいくつも混在している場 合もあるので診断が誤ってしまうこともあるとか。。。典 型的な乳児脂漏性湿疹は、頭やおでこを中心にかさぶたのようなものがで きたり、ほっぺが赤くなる等です。ほとんどの場合は1~2ヶ月ほどで自然に治るそうですが、繰り返し症状が出たり、なかなか治らない場合もあります。長引くとアトピー性皮膚炎に移行することもあるので要注意だそうです。

 話しは戻りますが、やっと乳児脂漏性湿疹が治ったと思ったら、今度は背中や胸や手足にポツポツと赤い斑点が出ているではありませんか!?

 やっぱり、アトピー!?と不安になり、すぐにアレルギー科のある小児科で診察してもらうと、アトピーとは診断されませんでしたが、アレルギーであることは間違いないでしょうが、、、との事でした。

 そして、6ヶ月頃になったらアレルギーの血液検査をして原因をみましょう、と言われ、とりあえずはロコイドという弱いステロイド外用薬を処方され、様子を見ることになりました。

私達夫婦がアレルギー体質なので、出産前から遺伝する確率は高いだろうなーと覚悟はしておりましたが、、、

参考)アレルギーが遺伝する確率

 子供がアレルギーになる確率は、両親ともにアレルギーだと約50%、一方がアレルギーだと約30%、アレルギーのない場合は約10%であったという報告があります。やはり、家族にアレルギーがあると、アレルギーになる可能性が高いということです。しかし、100%遺伝するわけではありません。それは、アレルギーを起こす遺伝子が一つではないからだそうです。

 あれから2ヶ月、毎日お風呂上がりにはロコイドを塗って様子を見ました。
幸いなことに、特にひどくもならず生後6ヶ月になり予定通りアレルギーの血液検査を受けることになりました。

 結果、原因アレルゲンは卵(卵白)でした。

先生からは、まずは卵白除去食にし、1歳になった頃に再検査してみましょう。それまでは以前と同じようにロコイドを塗っておいて下さいと言われ、その日からというもの、何を買うときでも原材料名に目を通し、卵白が含まれている食品は一切口にさせませんでした。

参考)アレルゲン除去食

 アレルゲンを摂取すると、さらに強いアレルギー症状を誘発する場合があります。アレルゲン除去食は、アレルゲン食品(五大アレルゲン食品;牛乳・卵・大豆(油)・米・小麦)を除いた食事を行う食物アレルギーの治療法です。アレルゲン除去食をおこなう前にアレルゲン食品が何であるのか検査が必要です。


また、アレルゲン除去食には完全除去食と便宜的除去食があります。

完全除去食
 アレルゲン食品の完全な除去で、アレルゲン食品はもちろん、極少量使われている場合や、卵であれば、その産みの親である鶏までを含めてアレルゲン除去する方法です。除去する品数が増えますので、代わりに栄養摂取ができる食品、代替食品の利用が不可欠です。

便宜的除去食
 アレルゲンが少ない、低下したものを利用します。症状が軽度の場合に行います。アレルゲン食品は加熱によりアレルゲン性が低下する物もあります。しかし、加工食品におもわぬアレルゲンが含まれている場合があり注意が必要です。


前回の検査から半年が過ぎ、症状も特に変化なく2回目のアレルギー検査をしました。

結果は同じでしたが、数値的に少し良くなっており、少量の全卵や、つなぎ程度の卵白は食べてみて体に変化がないか観察しておいて下さい、又半年後に検査しましょう。卵白アレルギーは大きくなるにつれて良くなっていく子供さんもいますから、あまり神経質にならなくてもいいですよとの事でした。

さらに半年がすぎ、先月3回目のアレルギー検査をしました。

先生がおしゃったように卵白アレルゲンの数値は前回よりもさらに低くなり、ほとんど気にしなくても良い程度になりました。ですが、それに加えて今度は、今までなかった室内塵(いわゆるハウスダスト)・ダニの数値がドン!っと高くなっていました。

おまけに近頃は、風邪をひくと、痰がからんだような咳だけが一月もそれ以上も続くようになりました。

先生曰くアレルギー性気管支炎ではないか!?と。気になって調べてみると。。。

参考)アレルギー性気管支炎

 原因は、ダニやハウスダストがアレルゲンとしてアレルギー反応を誘発することにあり、普通は一週間くらいで治るが、せきは一ヶ月くらい残る事が多い。また、一般的な気管支炎では、子供は慢性になることはありませんが、アレルギー性気管支炎の場合は、長引くこともあるので、その場合X線などの検査が必要となる。

 自宅の寝室や埃(ほこり)の舞いやすい密閉されたお部屋などは、いつもきれいに清掃し、通気を心がける必要がある。

 この頃の私は、まだ、ちゃんと掃除しなきゃひどくなったら可哀想だな~位の漠然とした思いでした。ですが、ちょうどその時に某テレビ番組でダニ特集をしており、私にとってはとてもタイムリーな話題でしたので、真剣にメモをとりながら見ておりました。すると、想像以上に私達の身近にいたダニ、その数、その生命力、、、驚きの情報だらけこれはまずい!どうにかしなければ!

それから、わたくしハウスダスコアレルギーの子供を守る!実践!ダニ退治商品レビューが始まった訳です。

 長くなりましたが、これからも少しづつ商品レビューしていきますのでどうぞ宜しくお願いします



ブログランキング参加中!
よければ押してやって下さい♪
20071029150547.jpg

参考URL;九州大学医学部;アレルギーに関する情報
http://www.kyudai-derm.org/part/atopy/index.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hausudasuko.blog121.fc2.com/tb.php/6-cd1e010e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。